世界遺産アートポストカード  セビージャの大聖堂/スペイン

1800103000018

150円(税抜)

定価 150円(税抜)

*「世界遺産アートポストカード」に新しい種類が仲間入りしました!*





誰もが一度は訪れてみたいと思う世界遺産。

その世界を旅しながら絵を描き続ける一人のアーティスト。

松田光一さんによる、鮮やかで繊細な

世界遺産アートのポストカードに新しい種類が仲間入りしました。



世界遺産の魅力を、松田光一さんの創造力が生み出した

カラフルワールドで表現した絵の数々。



思わず集めたくなる、飾りたくなる絵ばかりです。



写真で見るのとは一味違う。

アートで、世界を旅しよう。



*「世界遺産を描く旅」*



実際に訪れて描いた絵



画家/松田光一さんの絵の多くは、

実際にその足で世界遺産を訪れ、

その前で下絵をスケッチし、

日本で色を重ね完成させています。



世界中を描き、数百年後も色鮮やかに生きる作品を創造していく旅。

彼のハッピーなアートは「世界を大切にする心」を創ります。



独自の表現スタイル



とても細かく繊細な表現方法、

見る人を惹きつける色鮮やかな色は、

世界遺産の雰囲気を色と形から伝えてくれる独自のスタイル。

絵の中に描かれたテキストもスタイリッシュです。



*「世界遺産を引き立てるデザイン」*



輝く世界遺産



絶景ポストカードと同じキラキラした特別な用紙にイラストを印刷。

世界遺産アートもより魅力的に輝きます。

イラストのタッチに合わせて角丸でトリミングがしてあるのもこだわりです。



どんな場所だろう



裏面には、イラストになった世界遺産が実際にどんな場所かわかるように、

旅に出るきっかけになるように写真と紹介文を掲載。

その場所の写真も載っているので、

松田光一さんがどのような表現で描いたのかも比べることができます。



新作は今までと違ったタッチで



新しく発売される柄には、優しいタッチのものも仲間入りしました。

インド、イタリア、スペイン、ドイツ。

それぞれの国で有名な世界遺産がアートになって皆さんの手元に。

松田さんが描く作品にはどれも小人が作品の一部になって隠れています。

どこに隠れているのか探してみよう!


セビージャの大聖堂、アルカサルとインディアス古文書館/スペイン 〜異文化が混ざる建築群〜

コロンブスが眠るスペイン最大の聖堂は、イスラム文化の名残と、ゴシックからルネサンス様式までをも見ることができ、まさに異文化が融合してできた大建築であるといえる。
宮殿を意味する「アルカサル」、世界最大の文書保管庫「インディアス古文書館」とあわせて世界遺産に登録されている。



写真で見るのとは一味違う、アートで、世界を旅するポストカードです。
手紙として大切な誰かに届けることはもちろんのこと、お部屋のインテリアにもぴったりです。



●サイズ

ポストカード/縦 100mm 横 148mm

セット購入:「世界遺産アートポストカード春の新作全4種類」はこちらから!



セット購入:「世界遺産アートポストカード全20種」はこちらから!

レビューはありません。